FX会社

フォーランドフォレックスの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

フォーランドフォレックスのこれからを分析

金融庁によるレバレッジ規制が行われ、多くのFX業者は今後低レバレッジで別のサービスを打ち出すことになるか、FX業務を完全に止めて廃業する決断を迫られています。

ではフォーランドフォレックスはどうなのでしょうか?

フォーランドフォレックスの信託保全や人気、評判、サービス状況などから今度撤退してしまうのか、それともこのまま生き残れるのかを分析しました。

スポンサードリンク

フォーランドフォレックスの安全性チェック

金融先物取引業者の登録

・・・ 関東財務局長(金商)第292号に登録済

信託保全の状況

・・・ 野村信託銀行に全額信託保全

自己資本規制比率

・・・ 総じて400%を超える安全圏

株主や親会社

・・・ 役員や代表などが株主で、バックがいない

業者の人気度

・・・ スワップ金利が高いということで人気

業者の評判や口コミ

・・・ 短期売買は全然ダメだが、スワップ投資に最適という声

業者の決算発表

・・・ 

高レバレッジ規制の影響
・・・ 魅力はスワップ金利のため、レバレッジ規制影響なし

フォーランドフォレックスの廃業・倒産可能性

以上のことからフォーランドフォレックスの廃業・倒産を考えてみましょう。

安全性チェックポイントにおいては問題ありません
親会社がいない独立業者であるのが気になりますが、
信託保全などが完備されているので大丈夫です。

そしてフォーランドフォレックスの最大の魅力が、どこのFX業者よりも高く設定されたスワップ金利です。フォーランドフォレックスはスワップ金利を決定する際に、市場の状況ではなく、わざわざ他のFX業者のスワップを調査・比較してどこよりも高い値を決定しているのです。

 ”他社よりも1円でも高いスワップ金利を提供します” ってことですね。

こういったセールスポイントがあるので、フォーランドフォレックスには低レバレッジでスワップ金利を貯めようとする投資家に最適になっています。スワップ金利を貯める投資には高レバレッジは必要ありませんので、フォーランドフォレックスにはレバレッジ規制が全く影響しません。そもそも、今の段階でもフォーランドフォレックスの最大のレバレッジは25倍ほどになっています。南アフリカランドは20倍より低く設定されているので、全く影響がありませんね。

ということでフォーランドフォレックスの廃業・倒産はまず考えられません。
これから新興国の金利も上がっていき、スワップ金利を貯める投資がやりやすくなります。そういったスワップ投資家に絶大な支持をもっているのでフォーランドフォレックスは、必ず存続していくことでしょう。

フォーランドフォレックスは健全なFX業者です。
特にスワップ投資に最適です。

>> フォーランドフォレックスのオンライン口座開設へ

フォーランド
フォレックスは
スワップ金利が高い

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. アイトレードFXの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  2. マネーパートナーズの評判・口コ|FXレバレッジ規制で残る会社

  3. FXプライムの倒産・分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  4. FXオンラインジャパンの自己資本規制比率|レバレッジ規制で残る会社

  5. マネーパートナーズの決算発表|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. ひまわり証券の自己資本規制比率|FXレバレッジ規制で残る会社

最近の記事 おすすめ記事

Count per Day

  • 15現在の記事:
  • 4240総閲覧数:
  • 1今日の閲覧数:
  • 128昨日の閲覧数:
  • 729先週の閲覧数:
  • 1441月別閲覧数:
  • 2715総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 50昨日の訪問者数:
  • 377先週の訪問者数:
  • 767月別訪問者数:
  • 54一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
hotforex.com
PAGE TOP