FX業者の決算発表

決算発表を見れば、儲かっているかどうかがわかります。

会社の損益を公開する決算発表

FX業者の安全性チェックには決算発表も使えます。

FX業者も会社組織である以上、必ず決算発表をしなければなりません。

決算発表とは企業の業績や、財務状態などを決められた標準的な会計原則に基づいて投資家に対して発表・説明するものです。

その内容を見れば、FX業者の財務健全性や、利益率などがわかるようになっています。それを把握できれば、どこが儲かっている強い業者なのか、どこが財務が危ない弱い業者なのか把握できるのです。

また、決算発表が難しくてわからないという方は、最終的な損益を見てみましょう。要はその会社が、最終的に黒字なのか、赤字なのかを見てみることです。絶対とはいえませんが、かなりの参考になることは確かです。

2009年の主な業者の決算発表

では下記に、2009年3月期の主な業者の決算を記述してみます。中にはグループ決算などもあり、FX会社単独のものではないところもありますが、赤字か黒字かがハッキリしており、儲かっているのか儲からなかったのかがわかります。

インヴァスト証券 18億3100万赤字
エース交易 38億2900万赤字
岡三証券グループ 18億8000万赤字
スター為替のスターHD 7億8700万赤字
小林洋行 11億2200万赤字
トレイダーズHD 16億1100万赤字
ひろぎんウツミ屋証券 4億7346万赤字
豊商事 2億6000万赤字
ユニマット証券 31億0585万赤字

IDO証券のユニコムHD 26億7500万赤字
安藤証券 2億0100万赤字
岩井証券 7億5100万赤字
エイチエス証券 9億4400万赤字
SBI証券のSBIHD 183億7500万赤字
オリックス証券 18億4963万黒字
カブドットコム証券 36億4300万黒字
三京証券の岡藤HD 38億4200万赤字
野村證券の野村HD 7094億3600万赤字
大和証券の大和HD 850億3900万赤字
東海東京証券の東海東京HD 24億8200万黒字
ひまわり証券のひまわりHD 3億300万黒字
GMOクリック証券 19億4961万黒字
松井証券 69億2100万黒字
楽天証券の楽天HD 36億8100万赤字

アイトレードFX 1億5282万赤字
FXZERO 2億1444万赤字
FXプライム 14億4800万黒字
FXOnlneJapan 11億8900万黒字
FXCMジャパン 7500万赤字
上田ハーローFX 1億4119万黒字
外為オンラインのISホールディングス 86億1200万黒字
外為どっとコム 76億7300万黒字
ヒロセ通商 5億5467万黒字
kakakufxのカカクコム 22億7100万黒字
セントラル短資FX 8億0060万黒字
MJ 12億0647万黒字
マネーパートナーズ 28億0100万黒字
マネースクウェアジャパン 2600万黒字
マネックスFXのマネックスグループ 21億4400万赤字

スポンサードリンク

レバレッジ500倍!1000倍!海外FX会社(調査済)







XM
XM 口座開設 キプロスにあるレバレッジ規制のないFX会社。EU圏登録業者のため安全性もバッチリ。日本語サポートが完備されています。

XMではレバレッジも888倍と非常に高く、メジャー通貨ペアのスプレッドも1pipsと狭い!入金ボーナスも豪華で総合的に高評価なFX業者です。入金額の30%。時には100%もあって豪華すぎます
入金額+30%(100%も)ボーナス!
レバレッジ888倍








IFCMarkets レバレッジ1000倍!
IFCMarkets 口座開設 レバレッジ1000倍が使えて日本語サポートがしっかりしている業者。レバレッジ1000倍は他にinstaforexがありましたが、あそこは英語のみなのでこちらのほうが使いやすい。それ以外にも保証金になんと年2%の金利がつくという豪華っぷり。
キャンペーン:保証金に年2%の金利がつく
レバレッジ1,000倍













海外FX会社に必要なクレジットカード
JALカードはフライトでのマイル(JALマイレージ)積算に加え、クレジット機能付き(Visaカード・MasterCard・JCB)だから毎日のショッピングや公共料金のお支払いでマイルがたまります。
楽天カードの最上位バージョン。プライオリティパスというサービスは、世界275以上の都市、90以上の国や地域で500ヵ所以上(国内20ヶ所)の空港ラウンジを利用できるというものなのですが、楽天プレミアムカードでは、このサービスが無料でついてきます。