レバレッジ1000倍が使えるのはどこか?

レバレッジ1000倍が使えるのはIFCMarketsとInstaforex

スポンサードリンク

海外FX業者を使う理由はハイレバレッジ

海外FX業者を使う理由は大きく分けて2つ。

ハイレバレッジとボーナスです。

特に前者のハイレバレッジを目的に使っている人は多いでしょう。 でも海外FX業者でもレバレッジはそれぞれ別です。では各業者はどれくらいのレバレッジを提供しているのでしょうか?下記がその一覧です。

海外FX会社 レバレッジ 安全性
YouTrade 300倍 ×
FXDD 400倍
InstaForex 400倍 ×
XM 888倍
IFCMarket 1000倍
infinityspace 1000倍 ×

レバレッジ1000倍は怪しい業者しかない

このように海外FX業者といってもレバレッジをは非常にピンキリであることがわかります。低いところではあまり日本業者との変化がないところもあり(まぁそれでも300倍もありますが)、高いところではなんと1000倍を提供してくれるところもあります。1000倍を提供しているのはInstaforexです。

【XMの特徴】
レバレッジ888倍
経営母体のTradingpointはイギリス、キプロス、セーシェルに登録
WF100という世界の100社に選ばれる
あのウサイン・ボルトとパートナーシップ契約
0カット制度、追証なし
日本語サポート充実
サイトも日本語、日本語のメールや電話、

【Instaforexの特徴】
レバレッジ1000倍
登録先ロシア
キャンペーンなし
日本語サポートほぼなし
サイトは翻訳ツールで使った変な日本語、
メール、電話、チャットの日本語サービスなし

ハイレバレッジ業者の二社は上のような感じになり、かなり違うことがわかります。XMのほうはレバレッジは多少低いですが、しっかりとした日本語サポートにボーナス制度、追証なし、経営母体も世界でも指折りの企業です。

対してInstaforexはなにかと黒いイメージのロシアの会社であり、それは別のいいのですが、日本語サポートが全くありません。サイトにアクセスするとなぜかやたら重く、表示も遅いです。サイトでこれなのですから取引のときに遅いとなったらもう使い物になりません。

ちなみにInfinityspaceは日本語サポートはあるのですが、小粒の業者らしくサイトが素人くさいもので怪しいです。

よってレバレッジ1000倍にこだわるのであればInstaforexですが、レバレッジ多少低くでもボーナス制度や追証なし、より安全性などを求めるのであればXMのほうがマシということになります。

言うまでもないですが、レバレッジ1000倍というのは証拠金の1000倍が取引できるハイレバレッジです。無論想定した方向とは逆の方法へ相場が動くと、たった0.1%の変動で証拠金が吹っ飛んでしまいます。IFCMarketsは0カットの追証なしなので、急激な変動による追証こそ発生しませんが、ハイリスクな取引であることを十分認識してください。もちろん勝つ確率が高い介入相場とか暴落相場では威力を十二分に発揮してくれるでしょう。




レバレッジ500倍!1000倍!海外FX会社(調査済)







XM
XM 口座開設 キプロスにあるレバレッジ規制のないFX会社。EU圏登録業者のため安全性もバッチリ。日本語サポートが完備されています。

XMではレバレッジも888倍と非常に高く、メジャー通貨ペアのスプレッドも1pipsと狭い!入金ボーナスも豪華で総合的に高評価なFX業者です。入金額の30%。時には100%もあって豪華すぎます
入金額+30%(100%も)ボーナス!
レバレッジ888倍








IFCMarkets レバレッジ1000倍!
IFCMarkets 口座開設 レバレッジ1000倍が使えて日本語サポートがしっかりしている業者。レバレッジ1000倍は他にinstaforexがありましたが、あそこは英語のみなのでこちらのほうが使いやすい。それ以外にも保証金になんと年2%の金利がつくという豪華っぷり。
キャンペーン:保証金に年2%の金利がつく
レバレッジ1,000倍













海外FX会社に必要なクレジットカード
JALカードはフライトでのマイル(JALマイレージ)積算に加え、クレジット機能付き(Visaカード・MasterCard・JCB)だから毎日のショッピングや公共料金のお支払いでマイルがたまります。
楽天カードの最上位バージョン。プライオリティパスというサービスは、世界275以上の都市、90以上の国や地域で500ヵ所以上(国内20ヶ所)の空港ラウンジを利用できるというものなのですが、楽天プレミアムカードでは、このサービスが無料でついてきます。