レバレッジ規制の真の目的

個人投資家保護が目的のレバレッジ規制には真の目的がある

スポンサードリンク


レバレッジ規制の真の目的

結論から言います。
レバレッジ規制の本当の目的はなんと官僚の天下り先の確保だったです。

日本では海外のような証券・金融・商品先物を全て扱っている総合取引所というものがありません。証券は金融庁、商品は経済産業省と農林水産省と監督官庁が別々になっているんです。本来ならこういうものは統合されるべきものなのですが、そうはいきません。実はこういった取引所の役員ポストは、監督官庁の天下り先として用意されているのです。そう、くりっく365もその中の1つなのです。天下りを狙う官僚にとってはくりっく365が存続してもらわないと困りますが、くりっく365は他の店頭FX業者と比べて税制以外で著しく魅力に乏しいです。そのため店頭FX業者にどんどん規制をかけて魅力を減らし、公設取引所であるくりっく365へ呼びこもうとする意図があるのです。絶対権力をもつお上が自由競争を行っている民の営業妨害を行うというとんでもなくふざけたことをしているのが日本です!

他にも店頭FX業者の魅力を減らすことが行われています。店頭FX業者とくりっく365の税制の違いです。ご存知のようにくりっく365は申告分離課税で一律20%の税率に抑えられています。それに対して店頭FXは総合課税で最高50%の税率がかかってきます。FXが誕生して10年以上経過しますが、この税制は全く整備されていません。なぜ整備されないのか?それはもちろん店頭FXを不利にさせて、税制優遇措置のあるくりっく365へ顧客を呼びこもうとする意図があるからです。事実、他の国では同じFXなのに税率が違うなんてところはありません。明らかな差別なのです。

このようにレバレッジ規制とは、顧客の保護など口だけで、本来の目的は店頭FX業者を淘汰し、公設取引所へ呼び込み、天下り先を確保することにあります。日本の個人投資家はなかなかお上に発言をしないことをいいことに、やりたい放題やっているのが日本の投資環境なのです。

そしていくつかの反対意見があったにしろ、多くの投資家が意見しなかったことで味を占めた金融庁はレバレッジ規制にとどまらずに新たな規制まで行なおうとしています。これから店頭FX業者はどんどん魅力を奪われていくのです。

日本なんか捨てろ!

どうですか?
日本の閉鎖的な環境にそろそろ嫌気がさしませんか?
日本の投資環境はお上がしゃしゃり出てくるせいで悪いままです。
今こそグローバルスタンダードな海外のFX業者を使うべき時です!

例えばFXCMなら、日本にもFXCMジャパンという日本支社がありますね。ここはプラットフォームからほとんど本社と同じで、対応が日本語になっているだけです。そしてFXCMUKでも日本語サポートがある。あれ?どこが違うんでしょうか?ほとんどまるっきり同じですね。しかもレバレッジ規制のないFXCMUKのほうがはるかに使える業者であることは間違いありません。だとしたら、わざわざ規制のかかる国内業者を使うより、海外業者を使ったほうが絶対いいです!

黙っていても、文句を行っても、もう規制は避けられません!
だったら、海外FX会社に口座を作って、
こんなふざけたことをするお役所から
離れたほうがいいではないでしょうか!?

参考:ニュース

金融庁が外国為替証拠金取引(FX)業者の規制強化に熱心だ。ただ、意味不明な規制もあり、FX業者の間では「天下り先確保が狙い」との声も出ている。

FXは10万円出せば1000万円分の外貨取引が可能なFX業者もあり、ハイリスク・ハイリターン化が顕著。半日足らずで元手をすべて失うことさえある。このため、金融庁はFX業者の裁量で元手の何百倍でも売買できる現制度を改める方針だ。

ここまでは投資家保護で説明が付くが、なぜかFX業者の利益の源泉である売値と買値の差(スプレッド)を小さくしないよう口を出してきた。

金融庁の言い分は過当競争防止だが、投資家にとってスプレッドは小さいほど有利。あえて競争させない規制を持ち出すのは、民間FX業者の有利な取引条件を封じて、FX取引を扱う東京金融取引所に売買を誘導するのが狙いとささやかれている。

金融取引所は「10年に一人の大物」と呼ばれた斎藤次郎元大蔵(現財務)次官がトップを務めているが、勇退観測がくすぶっている。 “営業妨害” は次の金融取引所トップにも天下りを据えるための布石ということか。

引用:ZAKZAK 2009/05/13
http://www.zakzak.co.jp/top/200905/t2009051333_all.html

 

ナビゲーション

1つ前の記事へ

1つ先の記事へ

レバレッジ500倍!1000倍!海外FX会社(調査済)







XM
XM 口座開設 キプロスにあるレバレッジ規制のないFX会社。EU圏登録業者のため安全性もバッチリ。日本語サポートが完備されています。

XMではレバレッジも888倍と非常に高く、メジャー通貨ペアのスプレッドも1pipsと狭い!入金ボーナスも豪華で総合的に高評価なFX業者です。入金額の30%。時には100%もあって豪華すぎます
入金額+30%(100%も)ボーナス!
レバレッジ888倍








IFCMarkets レバレッジ1000倍!
IFCMarkets 口座開設 レバレッジ1000倍が使えて日本語サポートがしっかりしている業者。レバレッジ1000倍は他にinstaforexがありましたが、あそこは英語のみなのでこちらのほうが使いやすい。それ以外にも保証金になんと年2%の金利がつくという豪華っぷり。
キャンペーン:保証金に年2%の金利がつく
レバレッジ1,000倍













海外FX会社に必要なクレジットカード
JALカードはフライトでのマイル(JALマイレージ)積算に加え、クレジット機能付き(Visaカード・MasterCard・JCB)だから毎日のショッピングや公共料金のお支払いでマイルがたまります。
楽天カードの最上位バージョン。プライオリティパスというサービスは、世界275以上の都市、90以上の国や地域で500ヵ所以上(国内20ヶ所)の空港ラウンジを利用できるというものなのですが、楽天プレミアムカードでは、このサービスが無料でついてきます。