ハイレバレッジを諦める

レバレッジ規制を契機に素直にハイレバレッジを諦めますか?

スポンサードリンク

レバレッジ規制の対策:ハイレバレッジを諦める

日本のFX投資家がおとなしいことをいいことに、お上は自分たちの都合の良いようにレバレッジ規制を決定し、それが施行されてしまいました。こうなるともう文句を言おうが、ふてくされようが規制は変わることはありません。

それではレバレッジ規制に対してどのような対策があるでしょうか?

代表的なのはハイレバレッジを諦めてしまうことです。

これはカタチだけとは言え、金融庁がホームページで説明していたレバレッジ規制の目的に合致します。ハイレバレッジというのはわずかな証拠金で途方もない大きな金額を動かすことができます。そのかわりハイリスクハイリターンであり、預けた証拠金がわずかな価格変動でまるまる全てふっとんでしまう可能性も高いのです。事実、2008年のリーマンショックではリスク管理ができなかったために証拠金をほとんどすべて吹き飛ばしてしまったお粗末な素人投資家がたくさんいました。このようなバカがたくさん出たために規制が行われるようになってしまったのです。

しかしハイレバレッジは必ずしも危険というわけではありません。例えば最大レバレッジ700倍が使えたFXオンラインジャパンでは1,500円ちょっとでドル円が1lotポジれました。10万円入金して証拠金を限界まで使用すれば50lotぐらいポジションを取ることができ、それが1円動けば1万円で50万円を稼ぎ出すことができます。数pips抜くスキャルトレーダーにとっては便利ですね。例え価格が逆に動こうともロスカット機能が発動し、損失は入金の10万円で済みます。このように使い方によってはハイレバレッジは損小利大の取引にも使えるためにすべてが危険であるわけではないのです。むしろハイレバレッジは投資方法が少ない個人投資家に用意された数少ない武器でもあったわけです。

まぁ、このような説明などしなくとも大多数のFX投資家はハイレバレッジが危険であるとは考えておらず、危険なのは自らの資金も管理できないリスク管理の甘さに尽きるということはわかっておいででしょう。リーマンショックで資金を全て飛ばしてしまうようなお粗末投資家はともかく、きちんとリスク管理が出来る人にとってはハイレバレッジは魅力的な手段です。コントロールができる方は、是非日本のFX業者なんかより海外FX業者のハイレバレッジを利用しましょう。

 

ナビゲーション

1つ前の記事へ

1つ先の記事へ

レバレッジ500倍!1000倍!海外FX会社(調査済)







XM
XM 口座開設 キプロスにあるレバレッジ規制のないFX会社。EU圏登録業者のため安全性もバッチリ。日本語サポートが完備されています。

XMではレバレッジも888倍と非常に高く、メジャー通貨ペアのスプレッドも1pipsと狭い!入金ボーナスも豪華で総合的に高評価なFX業者です。入金額の30%。時には100%もあって豪華すぎます
入金額+30%(100%も)ボーナス!
レバレッジ888倍








IFCMarkets レバレッジ1000倍!
IFCMarkets 口座開設 レバレッジ1000倍が使えて日本語サポートがしっかりしている業者。レバレッジ1000倍は他にinstaforexがありましたが、あそこは英語のみなのでこちらのほうが使いやすい。それ以外にも保証金になんと年2%の金利がつくという豪華っぷり。
キャンペーン:保証金に年2%の金利がつく
レバレッジ1,000倍













海外FX会社に必要なクレジットカード
JALカードはフライトでのマイル(JALマイレージ)積算に加え、クレジット機能付き(Visaカード・MasterCard・JCB)だから毎日のショッピングや公共料金のお支払いでマイルがたまります。
楽天カードの最上位バージョン。プライオリティパスというサービスは、世界275以上の都市、90以上の国や地域で500ヵ所以上(国内20ヶ所)の空港ラウンジを利用できるというものなのですが、楽天プレミアムカードでは、このサービスが無料でついてきます。