FX会社

GMOクリック証券の廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

GMOクリック証券のこれからを分析

金融庁によるレバレッジ規制が行われ、多くのFX業者は今後低レバレッジで別のサービスを打ち出すことになるか、FX業務を完全に止めて廃業する決断を迫られています。短期売買業者はかなり危ない状況です。

ではGMOクリック証券はどうなのでしょうか?

GMOクリック証券の信託保全や人気、評判、サービス状況などから今度撤退してしまうのか、それともこのまま生き残れるのかを分析しました。クリック証券
>>GMOクリック証券法人口座開設へ<<
 

GMOクリック証券とはどんな業者?

そもそもGMOクリック証券とはどんな業者?

GMOクリック証券のセールスポイントはEMCOMシステムでもI&ASでもない独自システムを使った低スプレッドと、一瞬で約定したりドテンができたりするトレードツールがウリのFX業者です。FX業務に限らず株式や先物、eワラントもやっています。

とても取引しやすいツールがけっこう評判であり、デイトレーダーやスキャルなどの短期売買をする方にとても人気の業者なのです。

 

スポンサードリンク

GMOクリック証券の安全性チェック

金融先物取引業者の登録
・・・ 関東財務局長(金商)第77号に登録済み

信託保全の状況
・・・ 三井住友銀行,みずほ信託銀行に全額信託保全

自己資本規制比率
・・・ 300%台の比較的安全圏

株主や親会社
・・・ ジャフコ、東京海上日動火災保険、アント・キャピタル・パートナーズ、GMO VenturePartners、三菱UFJキャピタル

業者の人気度
・・・ 口座数は7万以上で、けっこう評判よし

業者の評判や口コミ
・・・ 悪評・好評入り混じりだが、若干好評のほうが多い

業者の決算発表
・・・ 19億4961万黒字

高レバレッジ規制の影響
・・・ 高レバレッジ・低スプレッドなので影響は大きい

GMOクリック証券の廃業・倒産可能性

以上のことからGMOクリック証券の廃業・倒産を考えてみましょう。

安全性チェックポイントにおいては、きちんと信託保全されていますし、自己資本規制比率も安全圏。様々な大口の株主がいる中堅の証券会社ということで信用力もかなりあります。ここのところFX業務も順調で、きちんと黒字になっています。

さて、問題のレバレッジ規制による影響ですが

GMOクリック証券のウリは独自システムを使った低スプレッドと、一瞬で約定したりドテンができたりするトレードツールが好評の点です。スプレッドやデイトレしやすいトレードツールなどがけっこう良いものに仕上がっていいます。また母体が中堅ながらも大きな総合証券会社ということで、そんな簡単に倒産したりはしません。

ということでGMOクリック証券の倒産・廃業の可能性はかなり低いものと判断できます。もちろん0%と言い切ることはできないものの、かなり生き残っていけそうな業者であることは間違いありません。

その証拠に、GMOクリック証券は顧客獲得のためのキャンペーンを連発して、業界内外に大きな衝撃を与えました。それで波にのったのか、FXだけでなく、公設取引所のくりっく365やCFDなどへ参入するなど、レバレッジ規制で今後経営が難しくなる店頭FXからいち早く転換するなど、変化の早い業者でもあるのです。

FXするならクリック証券

GMOクリック証券は、口座数10万を超えてDMMFXや外為オンラインと同じ勝ち組のFX会社に入ります。かなり儲かっているところではありますが、この機会にうわついているFX投資家を完全に取り込もうとしている意図が読み取れます。

>>GMOクリック証券のオンライン口座開設へ

GMOクリック証券は
まだまだ

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. フォーランドフォレックスの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者…

  2. FXリアルの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  3. 外為オンラインの信託保全|FXレバレッジ規制で残る会社

  4. 外為どっとコムの評判・口コ|FXレバレッジ規制で残る会社

  5. フォーランドフォレックスの株主・親会社|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. ひまわり証券のレバレッジ規制の影響度|FXレバレッジ規制で残る会社

PAGE TOP