FX会社

フォーランドフォレックスの自己資本規制比率|レバレッジ規制で残る会社

スポンサードリンク

フォーランドフォレックスの自己資本規制比率はいくつか

左メニューにあるFX業者のチェックポイントを元に、
フォーランドフォレックスの自己資本規制比率を分析します。

自己資本規制比率とは証券取引法において 証券会社が一定水準を保つことが定められた指標のことです。この数値が低いと業者の財務が危険であることを示し、高い数値なら財務が健全である証拠になります。

したがって自己資本規制比率が大きいと、安全であることが一目でわかる重要な指標なのです。100%前半になるといろいろと行政処分などが行われるので、最低でも200%、理想は300%以上になっている業者を選びましょう。

自己資本規制比率は、今の数値が一番大切ですが
急落する場合もけっこうあるので、
年間を通してきちんと安定しているかを見ることです。
さてフォーランドフォレックスの自己資本規制比率ですが

2008年9月期 : 395.2%

2008年12月期 : 486.6%

2009年3月期 : 481.3%

2009年6月期 : 484.3%

といったようにフォーランドフォレックスの自己資本規制比率は、ここ1年を通して300~400%以上という非常に高い数値を示してます。この水準であれば十分安全圏ということができます。また年間を通しても大きな変動はなく、安定しています。

よってフォーランドフォレックスの財務体質は健全かつ、
非常に安定しているといえるでしょう。

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. FXプライムの人気度|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. ひまわり証券の倒産・分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  3. FXプライムの評判・口コ|FXレバレッジ規制で残る会社

  4. ひまわり証券のレバレッジ規制の影響度|FXレバレッジ規制で残る会社

  5. マネーパートナーズの信託保全|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. FXZERO(FXゼロ)の廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者…

PAGE TOP