FX会社

ひまわり証券のレバレッジ規制の影響度|FXレバレッジ規制で残る会社

スポンサードリンク

ひまわり証券にはレバレッジ規制の影響なし

金融庁は、2010年まで猶予期間をおいてから、まず50倍までに、そして2011年には全てのFX業者のレバレッジを25倍までに引き下げることを決定しました。これにより高レバレッジの業者は方針転換か、撤退を余儀なくされています。

しかし、ひまわり証券にはたいした影響はありません。

なぜならひまわり証券は高レバレッジで勝負をしている業者ではなく、低レバレッジと手厚いサポートが主流です。そのレバレッジは 「レギュラー口座」 で最大20倍しかないので、規制をされてもなんの影響もないのです。

ただし 「デイトレ口座」 のほうは最高200倍までレバレッジがかけられるので影響があるでしょう。

しかし、元々ひまわり証券の主力は情報サービスやマーケット情報になっており、高いレバレッジには頼らない方針になっています。また最近ではシステムトレードに力を入れ始めており、通常のFXサービスよりもコンピュータで機械的に売買を行うシステムトレードを主流にしていくと思われます。

そのため、規制されても、たいした影響はないのです。

>> ひまわり証券のオンライン口座開設へ

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. フォーランドフォレックスの株主・親会社|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. 外為どっとコムは関東財務局長第262号に登録|FXレバレッジ規制で残る…

  3. kakakuFXの倒産・分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  4. マネーパートナーズのレバレッジ規制の影響度|FXレバレッジ規制

  5. サイバーエージェントFXの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者…

  6. EMCOMTRADEの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

PAGE TOP