FX会社

ひまわり証券の信託保全|FXレバレッジ規制で残る会社

スポンサードリンク

信託保全の整備状況

左メニューにあるFX業者のチェックポイントを元に、
ひまわり証券の安全性と撤退の可能性を分析します。

2つ目は信託保全の状況です。

信託保全とは、顧客の資産とFX会社の資産を区別管理して信託銀行に預ける制度のことです。これがきちんと整備されていれば、たとえFX会社が倒産しても私たちのお金がちゃんと戻ってくるのです。

さて、肝心のひまわり証券の信託保全はどうかというと・・・

SG信託銀行で信託保全されています!

SG信託銀行は欧州の大手金融機関

業界でも大きな信用のあるFX業者であるひまわり証券は
信託保全の相手も、超一流のところを選んでいます。

SG信託銀行を知っている人はあまりいないかもしれませんが、この銀行は1864年にフランスで創設された歴史のあるソシエテジェネラル(SG)グループの信託銀行です。投資信託を買ったことがある人は、運用会社にソシエテジェネラル(SG)の名前を、いたことがあるかもしれません。

ソシエテジェネラル(SG)グループはヨーロッパで格式の高い富裕層向けのサービスを行っている品格ある銀行として知られており資産も規模も日本の銀行とは比較になりません。日本のメガバンク(三菱・みずほ・三井住友)よりも安全であるといっても過言ではありません。

>> ひまわり証券のオンライン口座開設へ

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. 外為オンラインのレバレッジ規制の影響度|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. トレイダーズ証券の廃業・倒産・分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  3. FXリアルの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  4. 外為どっとコムの人気度|FXレバレッジ規制で残る会社

  5. アイトレードFXの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  6. FXプライムの株主・親会社|FXレバレッジ規制で残る会社

PAGE TOP