FX会社

kakakuFXの倒産・分析|レバレッジ規制で残るFX業者

kakakuFXのこれからを分析

金融庁によるレバレッジ規制が行われ、多くのFX業者は今後低レバレッジで別のサービスを打ち出すことになるか、FX業務を完全に止めて廃業する決断を迫られています。

ではkakakuFXはどうなのでしょうか?

kakakuFXの信託保全や人気、評判、サービス状況などから今度撤退してしまうのか、それともこのまま生き残れるのかを分析しました。

スポンサードリンク

kakakuFXの安全性チェック

金融先物取引業者の登録

・・・ 関東財務局長(金商)第263号に登録済

信託保全の状況

・・・ 三井住友銀行に全額信託保全

自己資本規制比率

・・・ 400%超えと相当な安全圏

株主や親会社

・・・ 東証1部の上場企業カカクコム(2371

業者の人気度

・・・ 口座数こそ不明だが、トップクラスの人気

業者の評判や口コミ

・・・ 総じてよい声が多い、玄人の方に人気

業者の決算発表

・・・ 親会社のカカクコムが22億7100万黒字

高レバレッジ規制の影響
・・・ 規制の影響はほとんどない

kakakuFXの廃業・倒産可能性

以上のことからkakakuFXの廃業・倒産を考えてみましょう。

安全性チェックポイントにおいては全く何の問題もなし
東証1部の上場企業であるカカクコムが親会社であるし
多くの投資家から良い評判が聞かれます。

人気もあり、大企業であるカカクコムの後ろ盾で強い業者です。

それにkakakuFXが導入しているのは世界最高峰のSAXOシステムであり、なんとその通貨ペアは160種類を越えるのです。その中にはFX投資家に人気の高金利通貨もたくさんあります。オセアニア通貨はもちろん、南アフリカランド、トルコリラ(TRY)やアイスランドクローナ(ISK)、ハンガリーフォリント(HUF)、中東諸国通貨を取引できるのです。

またサーバーの安定性は業界で一番であり、強力なシステム構築により急激な相場変動時にも安定した約定力を誇ります。

また取引通貨単位も1,000通貨になっており、高レバレッジを使わなくとも少ない証拠金からも取引をすることができます。

さらに、取引量が3000万ドル以上の優良顧客に対しては ”パール口座” という特別限定サービスを行っており、入金・出金手数料の完全無料化ができ、スプレッドがさらに狭くなります。さらにその上のグレードのブラック口座はパール口座を超えるほどの超優良条件が顧客へ提供されます。まちがいなくFX業界で一番のサービスになるでしょう。

ということでkakakuFXには高レバレッジに頼らなくとも、多くの魅力的なサービスを有している強力なFX業者です。親会社のカカクコムもかなりの信頼性をもっているので、これから撤退・廃業などありません。

そのためkakakuFXは非常に安全かつ健全なFX業者でしょう。
これからも安心して世界最高峰のサービスを利用できていけそうです。

>> kakakuFXのオンライン口座開設へ

kakakuFXは
とても魅力的で

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. フォーランドフォレックスの評判・口コミ|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. ひまわり証券の自己資本規制比率|FXレバレッジ規制で残る会社

  3. 外為オンラインの株主・親会社|FXレバレッジ規制で残る会社

  4. FXオンラインジャパンの決算発表|FXレバレッジ規制で残る会社

  5. 外為オンラインの決算発表|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. マネーパートナーズの自己資本規制比率|FXレバレッジ規制で残る会社

PAGE TOP