FX会社

マネーパートナーズのレバレッジ規制の影響度|FXレバレッジ規制

スポンサードリンク

マネーパートナーズにはレバレッジ規制の影響あり

金融庁は、2010年まで猶予期間をおいてから、まず50倍までに、そして2011年には全てのFX業者のレバレッジを25倍までに引き下げることを決定しました。これにより高レバレッジの業者は方針転換か、撤退を余儀なくされています。

これによってマネーパートナーズにはかなりの影響が考えられます。

マネーパートナーズの主なサービスは高いシステムの安定性と約定力の強さによる短期売買向けのサービスです。普通はレバレッジ50倍程度ですが、ハイレバレッジサービスを使えば100~200倍になります。

この高レバレッジと高い約定力が魅力の業者でしたので、レバレッジが規制されるとなると、システムの安定性と約定力が残ることになります。

もちろんこの2つの特徴は十分ウリになるのですが、同じ低レバレッジで約定力の高い業者にFXプライムがいるため、ちょっと競合相手のほうが有利かもしれません。

そのためマネーパートナーズにはレバレッジ規制の影響がかなり大きく出てしまうことが考えられます。

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. ひまわり証券の信託保全|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. FXリアルの廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  3. FXオンラインジャパンの自己資本規制比率|レバレッジ規制で残る会社

  4. GMOクリック証券の廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

  5. 外為オンラインの株主・親会社|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. マネーパートナーズの信託保全|FXレバレッジ規制で残る会社

PAGE TOP