FX会社

FXZERO(FXゼロ)の廃業・倒産分析|レバレッジ規制で残るFX業者

FXZEROのこれからを分析

金融庁によるレバレッジ規制が行われ、多くのFX業者は今後低レバレッジで別のサービスを打ち出すことになるか、FX業務を完全に止めて廃業する決断を迫られています。特に短期売買投資家をターゲットにした業者は危険です。

ではFXZEROはどうなのでしょうか?

FXZEROの信託保全や人気、評判、サービス状況などから今度撤退してしまうのか、それともこのまま生き残れるのかを分析しました。

FXZEROは、あのひまわり証券と同じひまわりグループに属するFX専業の会社です。約定スピードやインターバンク直結レートなどがセールスポイントとなっています。

スポンサードリンク

FXZEROの安全性チェック

金融先物取引業者の登録
・・・ 関東財務局長(金商)第1777号に登録済

信託保全の状況
・・・ 三井住友銀行に全額信託保全

自己資本規制比率
・・・ 300%以上の安全圏

株主や親会社
・・・ ひまわり証券と同じひまわりグループ

業者の人気度
・・・ 口座数不明、あまり人気はない

業者の評判や口コミ
・・・ あまり評判の声がなく、非常に顧客が少ない?

業者の決算発表
・・・ 親会社のひまわりグループは黒字なのに、FXZEROだけ2億1444万赤字

高レバレッジ規制の影響
・・・ 高レバレッジ・低スプレッドがウリなので、影響大

FXZEROの廃業・倒産可能性

以上のことからFXZEROの廃業・倒産を考えてみましょう。

安全性チェックポイントにおいては、ひまわりグループに属し、信託保全もされているので最低基準はOKでしょう。しかし自己資本規制比率は200%台とあまり高くないし、評判の声もとても少ないので人気もありません。

さらにこのFXZEROは多くのFX業者が黒字決算だった2008年において2億円を超える赤字だったのです!しかもひまわりグループ全体は黒字決算なので、グループの足をひっぱってしまっている状態です。

そして追い討ちをかけるようにレバレッジ規制です。

FXZEROのウリは、瞬時に約定するスピードやインターバンク直結レートなどで短期売買を行う投資家に有利なものです。しかしレバレッジ規制がされれば、当然魅力はガタ落ちになってしまいます。

ということでFXZEROの今後はあまりよくありません。ただでさえ人気もなく、安全度も高くなく、赤字を出し続けている上に、追い討ちをかけるレバレッジ規制でかなりの打撃を受けることは間違いありません。よってFXZEROには廃業、または倒産の可能性がかなり高いと判断できます。

>> FXZEROの詳細へ

FXZEROは

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. 外為オンラインの人気度|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. ひまわり証券の人気度|FXレバレッジ規制で残る会社

  3. 外為どっとコムの人気度|FXレバレッジ規制で残る会社

  4. フォーランドフォレックスの信託保全|FXレバレッジ規制で残る会社

  5. フォーランドフォレックスの人気度|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. フォレックストレードの廃業・倒産分析 |レバレッジ規制で残るFX業者

PAGE TOP