FX業界情報

仮想通貨にもレバレッジ規制の話

仮想通貨にはそのままビットコインやイーサリアムを買う現物取引と、現物を買わず指数だけを売買する仮想通貨FXがあります。

仮想通貨fxはレバレッジをかけることができるため、少ない資金でも仮想通貨を購入できるのでハイリスクハイリターンな取引を好む人や、全然資金のない学生なんかがよく理解せずに低額の資金でビットコインを買ったりするために利用しています。

金融庁はこの仮想通貨FXにもレバレッジ規制をかけようとしています。

2018年4月の有識者会議でも指摘

もともとレバレッジに対する指摘は初めてではありません。2018年4月10日に行われた金融庁の仮想通貨に関する有識者会議でも、レバレッジ取引が仮想通貨の動きの乱高下に繋がっていることを、指摘されています。

レバレッジ規制は時間の問題だったわけです。

金融庁は仮想通貨業界に厳しい

今年に入ってコインチェックの580億盗難や度重なるbitflyerやzaifのサーバーエラーなどで仮想通貨業界は酷いものです。

そのため金融庁は仮想通貨業界にはかなり厳しく対応しています。

  • 新規参入はほぼ無理
  • みなし業者もほぼ登録無理
  • 各業界の、財務の改善義務
  • ちょっと問題が起きれば金融庁が乗り込み

もはや、営業していくのがやっとというレベルでの締め付けを行なっています。

なぜここまで厳しいのか?

ここまで厳しいのは仮想通貨取引所が狙われやすく、いつまたコインチェックのような流出事件を、起こさないとも限らないからです。

取引所にあるのは投資家の資産、もっといえば国民の資産です。国民の資産を守るために締め付けを、厳しくするという大義があるわけです。

ですが、これは表向きですね。

金融庁をよく知っている方ならわかりますが、彼らは実利で動きます。自分にメリットがある業界には優しく、そうではないところには厳しくなるのです。

要は天下り先ですね。

仮想通貨業界には天下り先がない

証券業界は歴史も長く天下り先が沢山あり、FX業界もそこそこ歴史ができてくりっく365という天下り先もできました。

しかし歴史の浅い仮想通貨業界にはそれがありません。公設取引所もなく、金融庁が甘い顔をしても恩恵を受けられるものがないので、配慮することもなく厳しくなるのです。

金融庁は仮想通貨業界を潰したい?

おそらく金融庁にとっては、恩恵のない仮想通貨業界など面倒を、起こすだけの存在なのでいっそのこと潰れてしまったほうがよい❗️と考えていても、不思議ではありません。

このような事情がある以上、金融庁は仮想通貨業界が規制によって縮小しようがどうなろうと知ったことではないのでしょう。むしろわざと潰れるような働きかけをしててもおかしくないのですから。

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. 一部の人気FX業者に投資家は集中する|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. 2月13日金融庁による有識者会議、FX規制強化策を議論

  3. 有識者会議、第3回目、世界各国のレバレッジ規制情報まとめ

  4. FXのレバレッジ規制の撤廃と0カットシステムの導入の提案

  5. 日本のFX会社は裁判だらけ、それだけ顧客に損害を与えている

  6. レバレッジ規制でFX会社が淘汰|FXレバレッジ規制で残る会社

PAGE TOP