FX業界情報

FX業者の株主・親会社を把握せよ|FXレバレッジ規制で残る会社

スポンサードリンク

信用ある株主・親会社がいれば信頼できる

FX業者の安全性には、その会社に出資している株主や親会社が誰かを知ることでも図ることができます。

FX業者も会社組織ですから当然出資者がいます。どこかのグループなら、親会社が存在していますね。その出資者が固い信用のあるところであれば、そういった信用あるところが出資しているということで安心できます。

親会社が強いところであれあb、FX会社の経営が苦しくなった時に資本を増強して助けてもらうこともできますし、親会社の潤沢な資金をもとにキャンペーンを打ち出したり、他社にはできないサービスを提供することもできます。

具体的に言えば、大手商社:伊藤忠商事の子会社であるFXプライムや、NTTグループのNTTスマートトレード、短資会社系列であるセントラル短資FXといったところですね。

FX業者は小さなところが多い

バブル崩壊による金融再編によって、今の証券会社や銀行などは大きなところしか残っていません。しかしFX業界は歴史が浅いので、母体が無かったり、個人経営に毛が生えた程度のような小さい業者も多いのです。

当然、小さい業者というのはお金に余裕がありませんので、パッとしない平凡なサービスだったりして顧客が集まりにくく、つぶれやすいのです。最近、廃業・撤退している業者にも、そういった弱小業者がたくさん含まれています。

株主や親会社を知ることで、その会社の大きさを把握し、余力があるのか、信用できるのかを判断しましょう。

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. 信託保全の整備状況|FXレバレッジ規制で残る会社

  2. FXのレバレッジ規制の撤廃と0カットシステムの導入の提案

  3. 有識者会議でレバレッジ規制の追い風になる情報が出た

  4. 金融先物取引業者への登録は必須だ|FXレバレッジ規制で残る会社

  5. 低スプレッド・高レバレッジは危険|FXレバレッジ規制で残る会社

  6. これまでに淘汰されたFX会社|FXレバレッジ規制で残る会社

PAGE TOP