海外FX会社

FXDDの口座開設の始め方 |レバレッジ規制で残るFX業者

スポンサードリンク

FXDDの口座開設の始め方

FXDDみたいな海外業者に口座開設するのはためらってしまうかもしれませんが、1つでも日本のFX業者に口座開設したことあれば全然大丈夫です。FXDDはすべてのやり取りをメールで済ましてしまうので、郵送書類すら必要ないのです。

【手順1:顧客情報の入力】

【手順2:本人確認と住所確認書類】
海外業者には身分確認書類が2つ必要な事が多いです。基本的に、運転免許証か保険証さえあれば、あとは各公共料金の支払い書で済みます。電気、ガス、水道、電話、携帯でもいいのでその明細書です。基本的に必要なのは住所確認のほうなので、プライベート情報の明細内容は無理に添付しなくても大丈夫です。ちなみに住所が確認できればよいので、本人じゃなくて同居している家族宛の書類でも全然OKですよ。ただし、海外なので郵送することはほぼ無理と考えてください。メールで書類を添付するので家にスキャナーやプリンタがないといけません。FAXでもできることはできますが、時間がかかります。

【手順3:メールを待つ】
必要書類さえ送ればほぼこちらがやることは終了です。個人差もありますがだいたい2~3日で口座開設作業は終了です。その際、口座開設の確認メールやライブ口座確認メールなどが英語表記で送られて来ます。このメールは口座開設の大切なやり取りなのでしっかりと保存しておきましょう。最後に日本語表示でIDやパスワードが記載されたメールが送られてきたら完了です。

FXDDメール

【手順4:MT4インストール】
ログインできたらMT4を立ち上げてログインできます。まだMT4(MT5?)をインストールしてない方はこちらのページからMT4をダウンロードしましょう。基本的にMT4はどこのを使ってもログインできますし、EAも使えますが、他のところのMT4を使った場合はFXDDのサーバーデータが入ってないことがあるので上記のFXDDをダウンロードして使ったほうがいいです。口座開設メールに記載されたログインIDとパスワード、そしてサーバーを選択してログインしましょう。

MT4にログイン

【手順5:入金する】
FXDDで入金する方法は、Paypal、銀行送金、クレジットカードがあります。ちなみに円口座の場合は銀行送金だけになっていますが、最初に開設するのはほぼドル口座になるので全ての方法が使えます。

Paypal:https://www.paypal.com/j1/cgi-bin/webscr?cmd=_registration-run

銀行送金口座 → このページを参照

クレカ入金 → このページから

基本的に日本みたいなクイック入金はないので、送金反映は2~3日かかると思ってください。銀行やPaypalでは土日を挟むと営業日がずれる分さらに時間がかかります。まあ、時間がかかるのは入金ボーナスがもらえますので大目に見ましょう!

【おまけ:日本語サポートが欲しいですか?】
だいたいこの流れでFXDDの口座開設作業から入金取引までできるはずです。なにも難しいことなどありませんね。やりとりやWEBページなども全て日本語になっているので全然迷うことはありません。しかしそうはいってもどこの手順まで進んだとか、やっぱりわからないってこともあるでしょう。それを見越してFXDDでは日本語サポートを充実させています。日本語メール以外にも、日本語コールバック、24時間ライブチャットを用意してくれています。日本のFX業者よりサービスいいですね!困ったときは一人で悩まず是非このサービスを使いましょう。

リンク : 24時間ライブチャット、
リンク : 日本語コールバック、
リンク : 日本語メール問い合わせ

 

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. Markets.comの特徴と日本語サポート評価分析 |レバレッジ規制…

  2. XMtradingでデモ口座開設を画像解説(レバレッジ規制対策)

  3. 海外会社XMを選ぶ理由:XMは投資家への無料の教育制度|レバレッジ規制…

  4. FXDDの日本語サポート状況|レバレッジ規制で残るFX業者

  5. XMは国際的なブローカーである|レバレッジ規制で残るFX業者

  6. 海外会社XMは口座タイプがいろいろある|レバレッジ規制で残るFX業者

PAGE TOP