海外FX会社

指標変動で0カットとハイレバレッジを利用した手法|レバレッジ規制で残るFX業者

ゼロカット口座を2つ使って指標変動を取る

海外業者は日本業者とは違う特徴をもっています。それが0カットシステムです。これは要するにロスカットされるときに口座残高が0に調整されるロスカット制度です。このため海外業者には追証がありません。雇用統計のような大変動で逆指値が滑りまくりの状況でも0カットで終わるのです。そのため雇用統計の逆張り取引ですべりがないことを利用した手法が使えます

雇用統計の逆張り取引

この仕組を利用したのが重要指標に対するダブル口座取引です。まずハイレバレッジ&0カットのある海外業者を2つ作ります。そして雇用統計のような相場が確実に荒れるようなときに2つの口座で両建をするのです。

1つ目の口座では全力で買いポジションを、2つ目の口座では全力で売りポジションを作るのです。このあと上図のように相場が大きく上昇すれば、1つ目の口座は大儲けできます。逆に2つ目の口座では損失になりますが、全力でポジションを作っていたために損失最小限のまま0カットされるというわけです。

雇用統計での逆張り手法をやったことがある方もいるでしょうが、日本業者では逆指値がすべってどうにもならなかったでしょう。そのすべりを解決してくれるのが0カットシステムなのです。今の日本業者では逆指値がすべりまくってこの手法は使えません。約定力が最強のSAXOBANK証券でようやくといったところですが・・・やはりハイレバレッジがかけられる海外業者を使わない手はありません。会社は安全性が高く日本語サポートが充実でハイレバのXMがいいでしょう。

海外FX会社 レバレッジ 安全性
Markets.com 200倍
ThinkForex 200倍
YouTrade 300倍
FXDD 400倍
eToro 400倍 ×
FXIM 500倍 ×
MIGBANK 500倍
Pepperstone 400倍
XM 888倍
InstaForex 1000倍 ×
IFCMarket 1000倍
Hotforex 1000倍
infinityspace 1000倍

 

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. FXDDの利点やメリット|レバレッジ規制で残るFX業者

  2. AxiTraderとはどんな海外FX会社か|レバレッジ規制で残るFX業…

  3. InfinitySpaceの特徴と日本語サポート評価分析||レバレッジ…

  4. XMの安全性・信頼性|レバレッジ規制で残るFX業者

  5. 海外業者InfinitySpaceのレバレッジ|レバレッジ規制で残るF…

  6. IFC Markets はレバレッジ1000倍

PAGE TOP