海外FX会社

XMtradingでMT4をインストールする

XMtradingでMT4をインストールする

以前の記事でMT4のインストールファイルである setup.exeをダウンロードできました。

これをインストールしましょう。

 

MT4のsetup.exeファイルをダブルクリック

setup.exeファイルをダブルクリックします。

【実行】を選択した場合、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と訊かれるので、【はい】を選択して下さい。

インストールが始まります。

 

インストールは自動で進む

インストール中は、MT4のツアー(製品特長)が流れるので、それを眺めてしばらくお待ち下さい。

なお、インストール先を変更したい場合は最初に設定をしておかないと、デフォルトでCドライブが指定されてしまいます。Cドライブへのインストールが嫌な方は予め設定を変えておきましょう。

最後に【完了】を押せば、インストール完了です!

 

インストールしたMT4を起動させる

【XMTradingMT4】のショートカットをダブルクリックして、MT4を起動させましょう。

 

接続するサーバーを選択する

最初に起動するとポップアップが出てきます。

これはMT4が接続するサーバーの選択画面です。

前の記事でも述べましたが、MT4は広く使われているツールでありどこの海外FX会社でもダウンロードできます。しかし各FX会社は自分のところで取引してほしいので、サーバーも自社のものだけにカスタマイズしています。

今回XMtradingはXMのサーバーだけが設定されています。

リアル口座を開設している場合は 「XMTrading-Real25」などを選択すれば接続できます。

今回は口座開設時にメールで連絡のあった「使用サーバー」(XMTrading-Real25等)を選択して、【次へ】をクリック。

 

 

XMTrading-Real25などのサーバーを選択

一番上の【既存のアカウント】のラジオボタンを選択して、「ログイン」欄にはメールで連絡のあった「ログインID」(8桁の数字)を、「パスワード」欄には口座登録時に設定した「パスワード」を入力します。

 

ポロ~ン♪ と高い音が鳴ったら接続完了です。

今まで静止していたチャートがサーバーに接続できたことで、値が動き始めるのですぐにわかります(土日以外)

アカウントタイプ選択のポップアップが消えれば、いよいよトレード開始です。

 

自分の環境にあったものをダウンロードしよう

今は、MT4 だけでなくMT5、それもPC版やモバイル版、タブレッド版も様々な環境に用意されています。まずは自分の環境にあったものをダウンロードして、インストールし、使用しましょう。

XMtrading公式サイトを確認

 

XM 口座開設
XM 口座開設

関連記事

  1. FXDDの利点やメリット|レバレッジ規制で残るFX業者

  2. XMのボーナス|レバレッジ規制で残るFX業者

  3. 海外業者InfinitySpaceのキャッシュバック|レバレッジ規制で…

  4. Markets.comの特徴と日本語サポート評価分析 |レバレッジ規制…

  5. InfinitySpaceの特徴と日本語サポート評価分析||レバレッジ…

  6. 海外会社XM、XMtradingを選ぶ理由:顧客資産完全保障|レバレッ…

PAGE TOP